あなたと漫画の

話がしたい

Anata to manga ni tsuite ohanashi shitai

代表取締役CEO

​前田 雄太

まんがたりのVISION

次世代マンガ家の活躍する場を創る

日本のアップデートをマンガで加速する


まんがたりのメンバーは皆 マンガによって人生に大小様々な影響を与えられてきた人ばかり
 

あなたもそんな経験はありませんか?

マンガは 日本を強くして 世界をつなげる
誰もが マンガで 幸せに 

CEO MESSAGE

「このままだと 漫画が日本からなくなってしまうかもしれない」


2017年の夏 はじめて漫画家のタマゴと話して感じたことです

日本の漫画産業は 出版社や取次ぎ 書店の努力で どこでも漫画を買えるようになりました
 

しかし 今の世の中にイマイチフィットしていません。
結果 多くの漫画家が生活に苦しんでいます

今の時代だからこそ 今の時代にフィットした漫画の形があるはず


出版社とは違う 「漫画家と漫画好きをダイレクトに繋ぐ」ことで
漫画を描き 漫画を読むすべての人を幸せにします。

CEO MESSAGE

「このままだと 漫画が日本からなくなってしまうかもしれない」


2017年の夏 はじめて漫画家のタマゴと話して感じたことです

日本の漫画産業は 出版社や取次ぎ 書店の努力で どこでも漫画を買えるようになりました
 

しかし 今の世の中にイマイチフィットしていません。
結果 多くの漫画家が生活に苦しんでいます

今の時代だからこそ 今の時代にフィットした漫画の形があるはず


出版社とは違う 「漫画家と漫画好きをダイレクトに繋ぐ」ことで
漫画を描き 漫画を読むすべての人を幸せにします。

なぜ企業向け広告マンガをやるのか?

読まない人を、読む人に。

マンガで伝える まんがたり

マンガにすごい可能性があると気づいたのは、まんがたりを初めて半年立った頃。

 

マンガは「伝わりにくい」を「伝わる」にできます。

具体的には・・・

マンガは「興味ない人も見る」を実現します。

マンガは「疑似体験」できます。

マンガは「他の人に広めたく」なります。

マンガは「記憶に残りやすく」なります。

そう、マンガには貴社のサービスや商品の「魅力」に気づいてもらえます。

マンガ家の「困った」を解決する

マンガ家がマンガを描くことだけに

集中できる環境を提供する

マンガ家は、マンガを描く前にしないといけないことが多すぎる

と、僕は思っています。

マンガを1ページ描くのにあんなに大変で。

マンガを1作創る労力は、想像を絶する体力、苦悩、辛さがある。

なのに、どうやってマンガを売るか?も考えないといけない。

契約管理、請求書の発行、確定申告、クライアントとのやり取り etc...

個人事業主だから、やることが多すぎる!

そんなマンガ家に、マンガを描くことだけに集中できる環境を提供する

まんがたりは、それを解決します。

「マンガ業界で新しい挑戦をする『次世代マンガ家』と未来を創る」

まんがたりは、「マンガ家芸能プロダクション」です。

参考:動画でわかるマンガ業界の現状とこれから